結局ホンダのエイプ50は売りました。

私は高校を卒業してすぐに普通自動二輪の免許を取得しました。免許があるのに乗らないのはもったいないし、お金もそこそこあったためバイクを買うことにしました。高校時代に原付に乗っていた私は行きつけのバイク屋さんがあったのでそこに相談に行くことにしました。最初ホンダのエイプ50というバイクを買ったのですが、だんだん満足できなくなってもう少し大きめのバイクを買うことにしました。

そのお店のおじさんはとても優しくて丁寧な方なので信頼がありました。
そしてバイクを買うことを告げるといろいろと話を聞かせてくれました。春から大学生で一人暮らしであったために保険の費用を抑えた方がいいのではないかと言われ、たしかにと思う自分がいました。そして、そのことを考えて私は125ccの小型自動二輪を選ぶことにしたのです。一旦その話を持ち帰り、家で125ccのバイクを調べました。オートマのバイクもありますが、せっかく乗るならミッションのバイクがよかったため、ミッションを中心に探しました。色々と調べているとかっこいいバイクがたくさんあり夢中になったのを覚えています。

そしてYBR125という少し大きめのバイクを買うことに決めました。後日バイク屋さんにいき、おじさんにそのことを話しました。するとオークションでいいものがあればまた連絡すると言われ、その日は帰宅しました。しばらく経って連絡がありYBR125が見つかりました。その車両の状態としては走行距離200キロでほぼ新車といってもいいぐらいのバイクでした。値段は25万円ほどてこれを買うことに決めました。そしてまたしばらく経ちYBR125の納車日となりました。生でみるそのバイクはとても大きくインパクトがあったのが印象的でした。それから大学に入り移動手段などで乗っていたのですが、同じバイク乗りの友達と話していると25万は少し高いのではないかと指摘を受けました。自分で調べていると25万あれば中型のバイクを中古で買うこともできたのです。そして保険料も払えない金額ではなく、あのとき中型を買っておけばよかったなあと後悔しました。保険などもあらかじめ調べ、気になる車両はいくつか候補を作っておくことが大切だなと思った経験です。とりあえずバイク買取エイプ50はうまく行ったのでのかったですが・・・。